ホーム > よくある質問

よくある質問

Q:催眠は怪しいイメージがあり、少し怖いです。催眠にかかるってどんな状態ですか?

A:身体は深くリラックスしていますが、意識はとてもはっきりしている場合が多いです。眠っているときと起きているときの中間のような状態です。

ご自分の潜在意識にある記憶やイメージに、楽にアクセスできる状態です。心地よさを感じる方が多いです。

意識を失ったり、記憶がなくなったりするようなことはありません。ご安心ください。

Q: 催眠状態の時にセラピストの言いなりになりませんか?
言いたくないことまで話してしまうことはありませんか?

A:催眠中でも意識はあり、ご自分の意思表示は出来ます。ご自分で判断できますので、言いたくないことを話させられることはありません。

Q:催眠から覚めないことはありませんか?

A:ありません。

仮に何もせずに放っておいても、15~20分程度で自然に催眠状態から覚醒します。

Q:催眠中のことは覚めたら忘れているのでしょうか?

A:睡眠ではありませんので、すべて覚えています。

セッション中に得た潜在意識からのメッセージについて、後から考えたり、新たな気づきを得たりすることもあります。

Q:催眠に入らない人もいますか?

A:程度の差はあっても、入らない人はごくわずかです。

ただ、催眠療法のセッションで当事者が「入りたくない」と思っていれば、入らないでしょう。

Q:大きなトラウマや悩みは無いのですが、前世療法や年齢退行療法を受けることはできますか?

A:はい、受けていただけます。

ご自分の人生の意味を見つけたい、より前向きに生きたい、というポジティブな理由で前世療法年齢退行療法を受けるかたもおられます。

お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

Q:前世は本当にあるのでしょうか?

A:それはわかりません。

現在の科学では、前世はあるという証明はありません。しかし、前世がないという証明もまた、ありません。

前世療法では、ご自身の潜在意識によって見るイメージ、 又は感じる情報に寄り添ってすすんでいきます。ご自分の潜在意識から湧き上がる感情や身体の感覚を素直に味わうことで、人生に対しての気づきやメッセージを受け取ることができます。

前世療法は、前世が事実かどうかや前世を知ることが大きな目的ではなく、ご自身の人生が幸せで、豊かなものになるように、セラピーで得たものを活かしていくことが大切です。

潜在意識を通じての気づきやメッセージは、とてもパワフルで愛にあふれており、今の自分を癒してくれるとともに、励ましてくれるものです。

Q:嫌な感情や思いに悩まされることがあります。

ヒプノセラピーを受けたいと思いますが、どのセラピーを受けたらいいのかが分かりません。

A.:催眠に入っていただく前に、セッションの最初に時間をとって十分にお話を伺います。

この事前カウンセリングの中で、セラピストと話しながら、どのセラピーを受けたらいいのかを決めていくことができます。受けたいセラピーが決まっていなくても、お申込みいただくことができます。

Q.:暗示療法はどんな場合にうけたらいいのですか?

A:暗示療法(GIFT)では、ご自分が「こうなりたい」というゴールを決め、催眠下でそのイメージをありありと体験していただきます。そして、その目標達成後の姿をイメージと暗示を用いて潜在意識に植えこんでいきます。

目標を設定し、現在の状態から目標達成までのプロセスをたどり、それを潜在意識に固定させてゆく方法で、ダイエットや禁煙など生活習慣の改善、勉強や仕事・スポーツのパフォーマンスの達成や向上にとても効果があります。

また、不安や恐怖、痛みや不快感の軽減にもお勧めできるセラピーです。